いざという時のファクタリングサービス

事業資金が不足して困っている時は、金融機関を利用してお金を借りるのが一般的だと言えます。

今年、最も指示を集めたファクタリングの便利な情報を集めたサイトです。

しかし、金融機関は利用者の信用度や事業の規模次第で審査に通らない可能性があります。
特に銀行系の金融機関は審査が厳しく、小さい会社や立ち上げたばかりの会社だと利用できないことがあります。金融機関を利用できない時は、売掛金を買い取ってくれるファクタリング業者を利用するという選択肢があります。
売掛金は相手の取引先が代金を後払いする時に使われる勘定科目です。


売掛金は指定の期日まで待てば代金を請求できる権利です。
この権利は他人に譲渡することができるので、ファクタリング業者に買い取ってもらうことで資金調達が可能になります。
ファクタリングは借入や融資などのローンサービスではありません。その為、売掛金さえあれば比較的簡単に資金調達が可能になります。

利用しやすい反面、売掛金の買い取りには取引先の支払い能力によって手数料が発生します。一般的な手数料の相場は売掛金の5〜20%になります。

取引先が支払い能力に優れている場合は手数料が低くなる傾向があります。

ファクタリングには二者間契約と三者間契約があります。

二者間契約は利用者と業者の間で行われる契約で、取引先の合意が要らない代わりに手数料が高くなります。

三者間契約は取引先を含めて行われる契約で、取引先の合意が必要ですが手数料が低くなります。



取引先と友好的な関係なら三者間契約を相談してみると良いでしょう。