ファクタリングの利用方法

商品やサービスを提供した時に受け取る代金が後払いになることがあります。
この後払いは売掛金という勘定科目を使って処理されます。
売掛金は資産価値を持っている債権なので、指定期日まで待てば取引先に代金の支払いを請求できます。

売掛金は代金を回収するまでのタイムラグがあり、指定期日までの間に資金不足に陥る可能性があります。

人気のあるファクタリング情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

この時すぐに現金が必要なら、ファクタリング業者に依頼して売掛金を現金化することが考えられます。ファクタリングは債権を買い取ってくれるサービスです。

債権は他人に譲渡することが出来るので、売掛金を譲渡して代わりに現金を得られます。



ファクタリング業者の売掛金買取価格は手数料を差し引いた金額になります。手数料は債権を持っている利用者よりも、取引先の支払い能力で変動します。

債権の譲渡は倒産などのリスクも譲渡されます。



債権を買い取る業者側はリスクを避ける為に、取引先の支払い能力を見極めて手数料を決めます。一般的な手数料の相場だと5〜20%で、取引先の支払い能力が低いと利用できないことがあります。


ファクタリングは金融機関よりも高い手数料を取られることがありますが、融資でも借入でも無いので利用しやすいサービスです。
金融機関だと審査に時間が掛かってしまいますが、ファクタリングはインターネットから申し込みして利用することができます。

小さい会社だと金融機関を利用できないこともあり、そういった場面で活躍するサービスだと言えます。