資金調達法としてのファクタリング

ファクタリングは、売掛債権を売却して運営資金を作る方法で、欧米では普通に利用されている方法です。

真剣にファクタリングを知りたい方必見の情報を集めました。

会社の経営状況が良ければ、5000万円前後の資金調達も行えます。

これだけの資金が集まれば、人件費や決算費用にも使うことができ、さらに新規に設備を購入したり、設備工事の費用を前払いすることも可能です。

特に急いで資金を集めたい時に役立つ方法なので、中小企業や零細企業には人気がある資金調達法です。
また銀行から融資を受けるには、厳しい審査と担保が必須です。


その点、ファクタリングはその心配がありません。



不動産を担保にする必要もなく、しかもファクタリングの場合は、外部に融資を受けたことがわかりません。

しかもファクタリングを提供する業者は秘密厳守が基本です。売掛先企業に対して審査をしますが、売掛先に連絡が行くことは絶対にありません。申し込みはホームページに記載の電話番号から行います。メールフォームからも申し込めます。
数日後には担当者から電話が入りますので、詳細情報を伝えて、現状確認をしてもらいます。

その際、丁寧にヒアリングが行われるため、安心です。

審査に通れば、後日、書類作成をして買取契約が完了です。

急ぐ場合は、即日に実行されるケースもあります。
また法人信用情報は不要で、使い道も自由です。



さらにファクタリングの金融サービスを提供している業者では、多くの企業に対して、プロの経営アドバイザーが適宜助言をしています。