ファクタリング契約時に気をつけること

category01

ファクタリングは簡単に資金を調達できてとても便利ですが、トラブルがとても多いです。契約においてトラブルを回避するために以下のことを知っておくと良いです。

ファクタリングの信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。

・手数料が30%以上の場合お金が必要で資金調達を行うのに、手数料が高いと借りられる金額が少なくなり意味がありません。一般的に手数料は15%から25%に収まる会社が多く、30%以上の会社は契約しないようにすると良いです。



・2社間の手数料が5%と非常に安い場合2社間ファクタリングは、貸す側はリスクを負う以上、3社間に比べると手数料が高くなるのが一般的です。
手数料が安いということは、何か他のところで利益を上げようとしている場合が多いので、契約書によく目を通して、不鮮明な部分がある場合は回避する事が無難です。
・2回目以降の手数料が安くならない初回の契約は、信頼関係などがあまり築けていないので、手数料を高く設定されます。


きちんと返済してもらえて信頼関係が築ければ、2回目以降の手数料を下げてくれるファクタリング会社が一般的です。契約書に2回目以降の手数料についての記載がない場合は、直接聞いてみたり他の会社を検討すると良いです。



ファクタリングは、自社の売掛金が早期に現金化され、キャッシュフローの改善や利息がないなど、メリットがとても大きいです。ファクタリングを活用する時には、手数料などの契約内容に十分注意してから契約すると、トラブルを未然に回避する事ができます。

ファクタリングの意外な事実

category02

事業資金が不足して困っている時は、金融機関を利用してお金を借りるのが一般的だと言えます。しかし、金融機関は利用者の信用度や事業の規模次第で審査に通らない可能性があります。...

subpage

ファクタリングが気になる方

category02

ファクタリングは、売掛債権を売却して運営資金を作る方法で、欧米では普通に利用されている方法です。会社の経営状況が良ければ、5000万円前後の資金調達も行えます。...

subpage

読めば解るファクタリング

category03

商品やサービスを提供した時に受け取る代金が後払いになることがあります。この後払いは売掛金という勘定科目を使って処理されます。...

subpage

ファクタリングの補足説明

category04

企業が事業に必要な資金を調達するには銀行の融資やビジネスローンなどがあります。しかし、これらは審査があり、融資されるまでに時間が掛かります。...

subpage